誰もが質の高いサイトを作ろうと考えています。そのために欠かせないのが質の高いプランニングです。ウェブサイトの設計図であるプランニング時点で、そのサイトが将来どのような成長を見せるかということがはっきりしてしまうのです。これは建物の設計図と同じようなもので、どれだけ設計段階で考えぬいてWebを作ろうとするかは、そのままサイトに反映されてしまうということです。それだけにプランニングの能力というものが重要視されており、お客さんとの対話を重ねてしっかりとワイヤーに落としこむようにしなければなりません。もちろんディレクトリマップも同じことであり、サイトの完成像と運用の仕方、どのようなユーザーをターゲットにしてどのようにリーチしていくか、ということを考えて作り上げていかなければならないということになります。

適切なテキストのライティングは簡単にはいかないものですが、ウェブ制作にも必須のものであることは間違いありません。良質なテキストはそれだけでサイトからのCVを増やすものです。確かにコーディングやデザインも重要ですし、しっかりとしたシステムが入っている必要もありますが、ユーザーは文章を読んで次のアクションを起こすということが多いですから、ユーザーが何を欲しているのかを書いて気持ちを惹くようにするべきです。しかし適切なテキストを決められた文字数で、しかもコピー率も低いテキストとして完成させるのは簡単ではありません。自分でテキストを書いてそれを添削してもらうという作業を繰り返し、やっとライターとしての腕を上げていくことができます。

サイト制作におけるプランニングは、その後のサイトの運用や集客に直結する非常に重要な仕事です。プランニングはワイヤーとディレクトリマップを作成することですが、この「設計図」がいい加減だと誰にとっても使いづらいサイトが誕生することになります。まずは「このサイトで何をしたいのか」ということをはっきりさせることでしょう。それをサイトにきちんと反映させるためには、お客さんの要望の聞き取りに工数をかけなければなりません。そしてワイヤー段階で何度もチェックをしてからデザインに入っていくという工程です。ここがしっかりしていないとSEOでも上位表示が難しくなります。最初からSEOでのマイナス要素をなくしておくことが、そのまま内部対策につながっていくということになります。